Facebook COO シェリル・サンドバーグさんが、毎日5時30分には退社し6時には子供と食事をしていることを”告白”し、話題になっています。

”告白”と強調したのは、もはやワークライフ・バランスを実現している出来るビジネス・ウーマンの代表(アイコン)とも言えるシェリル・サンドバーグさんでさえ、1~2年前までは5時30分に退社していることを言えなかったと告白しているからです。

日本では、アメリカでは成果主義が進んでおり、労働時間より成果が求められると喧伝される傾向にありますが、Sheryl Sandberg Leaves Work at 5:30 Every Day — And You Should Tooによると、早く家に帰るというのは汚名であり、特に競争の激しい職場ではオフィスにいる時間で労働意欲が判断されるとあります。

日本でもよく上司や同僚が帰らないと帰りにくいといういわゆる”つき合い残業”がありますが、アメリカもあまり変わらないのかも知れません。

シェリルさんが、わざわざ動画で”5時30分に退社している”ことを宣言したのは、ここ数年、彼女の役割が単なるFacebookという企業のエグゼクティブという枠を超えて、ビジネス・ウーマンとしてのロールモデルとなりつつあることがあると思います。

つまり、彼女が”早く帰ることは恥ずべきことではない”ということを公に述べることで、他のビジネス・ウーマンも同じ行動をとることにためらう必要がない状況を生み出したかったのでしょう。*ただし、家には帰っているが深夜、早朝に働いていることも言い添えています。

これからIPOを控え収益の拡大や、プライバシー問題など多くの課題を抱えているFacebookですが、マークザッカーバーグとシェリル・サンドバーグという2人のフロントマンを見る限り、うまくやっていけるのではないかと思ってしまいます。

みなさんの職場は5時30分に退社できますか?よければコメントお寄せください



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方