「ダークナイト・ライジング」のゴッサム・シティを実際の街に再現した面白いストリート・アートが公開されています。

まさに男性が割れた道路から落ちそうな写真ですが、もちろんこれはトリックアート(だまし絵)で実際は普通の道路に書かれた絵です。

ソーシャル時代にぴったりなキャンペーンでは

こんなのが表参道とかにあったら、みんな写真をとって大変なことになりそうですが、ソーシャルな今、このストリートアートでとった写真をTwitter、Facebookなどのソーシャルネットワークに掲載するのは確実で、写真をみた人に映画が伝わり、さらに自分も同じ写真をとりたいと思うでしょう。

先日のスパイダーマンはLINEのスタンプを活用したソーシャルキャンペーンを展開し話題となりましたが、バットマンも日本で同じストリートアートを展開すれば、さらに多くの観客動員につながるかもしれませんね。

ダークナイト



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方