2018年1月8日、iPhoneなどのスマホ向けのスタビライザーDJI OSMO Mobie2が発表されました。気になる価格、発売日、これまでのOSMO Mobileとの違いを比較しながら紹介していきます。

価格と発売日

まだ、円での価格は出ていないのですが、アメリカでの価格は129$ということですので、14,450円(1ドル=112円で換算)くらいだと想定されます。

これまでのDJI OSMO Mobileの価格が20,610円 (税別)ですから、大幅な値下げになりました。

また、発売時のDJI OSMO Mobileの価格は3万円をゆうに超えていましたから感覚としては3分の1近くの値下げになります。

初代OSMO Mobile発売当時は競合製品がなかったため、強気の価格をつけれたのですが、Zhiyun Smooth-Qというライバル製品が登場し、しかも価格が約18,000円とOSMO Mobieの半額だったこともあり、シェアを奪われた結果、今回のOSMO Mobile2では思い切った価格になったのだと思います。

消費者から見ると、競争って大事ですね。

OSMO Mobileの販売日ですが、英語サイトによると1月23日にapple.comで先行予約が始まり、2月になってdji.comでも予約できるようになるそうです。

(参考)DJI Osmo Mobile 2 will be the phone camera stabilizer you buy – CNET

初代との比較

初代OSMO Mobileも非常によくできたスタビライザーでしたので、驚くような新しい機能はないかもしれませんが、ユーザーが必要としている機能がしっかりと追加されています。

縦撮影への対応

ビデオカメラの時代は動画撮影といえば、横長が常識でしたが、スマホの登場で縦長で動画を撮影することが当たり前になってきました。

そうしたユーザーの行動に応えるべくOSMO Mobile2では縦にスマホをつけることができるようになりました。

三脚を使えるようになりました

これまでもオプションのアクセサリーを装着することで三脚につけることが出来たのですが、OSMO Mobile2では本体の下に三脚穴がつきましたので本体をそのまま三脚につけることができるようになりました。

OSMO Mobile2は、撮影したい被写体(人や犬など)を指定すると自動的に追尾してくれるので、三脚にのせれば、動画の自撮りもできるようになります。

これはライバル製品であるZhiyun Smooth-Qには付いていた機能ですので、この点での差はなくなったと言えます。

また、スムーズなパノラマ撮影やタイムラプス撮影もできるようになります。

本体の素材がナイロンに

本体が金属製からナイロン製に重さは501gから485gと軽量化されました。

これまでZhiyun Smooth-QとOSMO Mobileの差は質感にあり、例えちょっと価格(と重さ)が高くても質感が高いOSMOにしようというユーザーもいたと思いますので、残念に思うユーザーも少なくないのかも知れません。

ライブ中継(ストリーミング)がやりやすくなりました

OSMO Mobile2を経由してスマホの充電ができるようで、長時間ライブ・ストリーミングも可能だそうです。

DJI OSMO Mobileが使えるスマホのサイズ

幅が58.6-84.8mmで厚さは8.4mmということで、iPhone SEからiPhone Plusまで対応し、アンドロイドであってもこのサイズまでなら大丈夫ということなのですが、注意点としては多くの人はスマホにカバーをして使っていると思いますので、カバーをつけた時のサイズでこの幅と厚以内であることを確認した方がいいと思います。

バッテリー時間

カタログ・スペックですが、バッテリー時間は15時間だそうです。実際はもっと少ないと思いますが、それでも十分ではないでしょうか。

また、OSMO Mobile2本体の充電はマイクロUSBになります。

入荷お知らせメールの申し込み

日本のDJIのサイトでは価格も出ていませんが、入荷お知らせメールの申し込みは出来ます。

素材が変わってしまったのは残念ですが三脚穴と縦長撮影の対応はとても魅力的ですので、とりあえず、私は早速申し込みました。楽しみです。

DJI OSMO Mobile(スタビライザー)とは

スタビライザーとは、iPhoneなどのスマホで動画を撮影するときに、歩きながらでもスムーズな動画を撮影することができるように機器になります。

どれくらい手ブレが補正されるのか興味がある方は、動画を参考にしてみてください。







 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方