日本人も英語のインターフェースに切り替えればツイートをダウンロードできます

ツイッターは2012年12月より過去のツイートをすべてダウンロードし、自分のPCで日記のように年月でツイートを見れるアーカイブ・サービスを提供しています。

ツイッター公式ブログ:自分のすべてのツイートをダウンロードできるようにしました

2013年3月13日時点でサポートされている言語は、英語、ドイツ語、ペルシア語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、マレー語、ノルウェイ語、ポーランド語、スペイン語の13言語となっていますが、日本のユーザーも英語に切り替えることでダウンロードできます。

1. 設定をクリックします

右上の歯車アイコンをクリックして設定をクリックします。

言語切り替え

2. 英語を選択します

言語設定で英語を選択します。

英語に切り替え

3. ツイッターのパスワードを入力します

ツイッターにログインする際のパスワードを入力します

パスワードを入力

4. Request your archiveボタンをクリックします

アーカイブをリクエストします

5. Closeボタンをクリックします

過去のツイートアーカイブのリクエストを受け付けました。追ってeメールで連絡するのでお待ちくださいというメッセージが表示されますので、クローズボタンを押してください。

クローズをクリックします

6. アーカイブ完了メールのURLをクリックします

私の場合10分程度で、アーカイブが完了したというメールが来ました。
メールが届いたら、メッセージ内のURLをクリックします。
なお、メールはツイッターアカウントで登録しているeメールアドレスに送信されます。

メールが届きます

7. ダウンロードします

いよいよダウンロードです。メールのURLをクリックした先で表示されるDownloadボタンをクリックしてください。

ダウンロードします

8. index.htmlをクリックします

ツイート・アーカイブはウェブ形式とCSV形式で提供されます。ただ残念ながらCSV形式では日本語は文字化けしていますので、index.htmlをクリックしてブラウザーでみるウェブ形式を利用します。

ダウンロードファイル

9. 年月単位で過去のツイートを確認できます

過去のツイートは年月単位でまとめて見ることができます。右側の年月をクリックしてください。

ツイッターアーカイブ



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方