Facebookで全然リーチしなくなったと感じてませんか

「Facebookページの投稿がファンに以前ほどリーチしなくなったんです」という声を聞くようになっています。

これにはいくつかの要因があるでしょう。Facebookでつながっている友達やファンになったページが増えた結果、ニュースフィードに表示される投稿も増加したこともリーチ減少の要因でしょう。

もうひとつ考えられるのが2013年8月からFacebookが発表しているニュースフィード表示に関するアルゴリズムの変更です。

私が運営しているFacebookページの投稿リーチも下がり続けています。特に12月に入ってからは激減しています。これは12月に実施されたアルゴリズムの変更が関係していると思われます。

ニュースフィードのアルゴリズム変更を理解しましょう

Facebookのニュースフィード掲載順を決定するアルゴリズムとしてEdgeRankが有名ですが、Googleが常に検索アルゴリズムを改善しているようにFacebookもニュースフィードの改善を続けており、2013年8月7日にニュースフィード・アルゴリズムの変更を発表し、2013年12月2日に高品質なニュースをより目立つように配置するようにしたと発表しました。

アルゴリズム変更については以下のブログで説明を行っていますので、Facebookページ管理者は内容を理解しておくべきかと思います。

2013年08月07日 News Feed FYI: A Window Into News Feed

2013年09月27日 News Feed FYI: More Relevant Ads in News Feed

2013年12月02日 News Feed FYI: Helping You Find More News to Talk About

なお、Facebookはニュースフィードについてこう語っています。

”ニュースフィードの目的は、ユーザーが重要な情報を見逃さないように適切なコンテンツを適切なタイミングで適切なユーザーへ届けること。理想的にはユーザーにとって読みたい順にニュース(投稿)を表示したい”

ニュースフィードに表示される可能性がある投稿は平均1,500

Facebookのニュースフィードには友人の投稿やファンになったFacebookページの投稿などが表示されるわけですが、普通のユーザーはどれくらいの投稿がリストアップされるのでしょうか?

Facebookによると平均して表示される可能性がある投稿は1,500にも及ぶそうです。

Facebookはニュースフィードの有効性を評価する基準としてユーザーが投稿に対してどれだけアクションをとったかを測定しています。

ニュースフィードの表示順はハイライト(アルゴリズムによる順序)と最新情報(新しいものから表示)の2種類が用意されていますが、Facebookが調査したところハイライトのほうが多くのユーザーが投稿を読み、いいね!やコメントを寄せるそうです。

 

2013年8月初旬の変更により古い投稿であっても、いいね!などの反応を多く獲得した投稿は上位に表示されるようになりました。

したがって結構、古い投稿なのに友達がコメントしたことによってニュースフィードの上位に表示されることが結構あると思います。

この変更によって友達の投稿に対するアクションが5%、ページの投稿に対するアクションが8%増加したそうです。

つまりアクションを獲得する投稿は時間が経っても見てもらえる可能性がありますが、ユーザーが興味を示さなかった投稿はあまり見てもらえないということになり、これまで以上に、アクション(エンゲージメント)が重要になっていると言えます。

なお、広告に関してはニュースフィードのアルゴリズムとは別のロジックで表示されるそうです。

ニュースフィード掲載順を決めるアルゴリズム

Facebookのアルゴリズムが投稿の掲載順を決定するプロセスですが、まず1,500の表示候補のうち、過去にいいねやコメントなどのアクションを実施した履歴をもとに300のニュースに絞込みを行います。

そのあとにユーザーのアクションなどによって掲載順を決定します。
なお「アクション」とは投稿を読んだり、いいね!やシェア、コメントなど、ユーザーが能動的な行動をとったことを意味しています。

ニュースフィードの掲載順に影響を与えるユーザーのアクションは以下のとおりです。

  • どれくらいの頻度で投稿を掲載した友達やページ、有名人の投稿にアクションをとっているか
  • 他のユーザーからどれくらいのアクションをもらっているか(特に友人から)
  • その投稿のタイプにどれくらいのアクションをとっているか
  • 投稿を隠したり、問題を報告などしているか
  • ニュースが上位に掲載される

    なにをもってFacebookがニュースと判別してるかはもうひとつ不明ですが、12月以降ニュース記事の投稿は掲載優先度が少し高くなったようです。特にモバイルで。

    Facebookは質が高いコンテンツをユーザーに提供するために、モバイルでどれくらい記事がクリックされたかに注意を払っているそうです。

    背景には調査によってニュースフィードから最新の事件やスポーツの結果などの記事をクリックするユーザーが多いことが判明したことがあります。

    これまで写真の投稿はエンゲージメント率が高いと思われていましたが、リンク記事のほうが掲載順位があがるかもしれません。

    大事なところなので原文も載せておきますので、読んでみてください。

    ”This means that high quality articles you or others read may show up a bit more prominently in your News Feed, and meme photos may show up a bit less prominently.”

    また、投稿に対してアクションをとると関連した記事を推薦してくれるようになったそうです。(日本語のページはまだ対応していないように思えますが)

    コメントが寄せられた投稿は上位に表示される

    また2013年12月の変更によって、友達がコメントが寄せられた投稿は多少古くても上位に掲載されるようになりました。これは投稿に関する友達との会話の機会を逃さないようにすることが目的のようです。



    関連記事





     

    Comments are closed.

     

    Facebookデータ
    Twitterデータ
    LINEデータ
    無料アプリ
    使い方