JALバナー画像

日本航空(JAL)のFacebookページのウォールをみていて、それぞれのポストに多くの”いいね!”とコメントが寄せられていることに気がつきましたので、エンゲージメント率を調べてみました。

エンゲージメントとはFacebookなどのソーシャルメディアでユーザーからアクションを得ることで、ソーシャルメディアの重要な成功指標のひとつです。Facebookの場合であれば、”いいね!”とコメントをエンゲージメントと捉えています。

SocialBakersのデータ(*1)によるとJALのページ規模から言えば、エンゲージメント率は0.96%で平均なのですが、JALページは12.54%と約13倍もの数値を達成しています。

以下のデータは2011年4月11日時点のもので、JALファン数は1,337人です。

JALページ 最新7ポストのエンゲージメントデータ

JALデータ

JALのウォールの特徴は社員が登場し、顔が見える点です。これまで7つしかポストされていませんが、最初の挨拶を除き全て社員の顔が見えるポストとなっています。社員を登場させるのはソーシャルメディアの特性を理解したよい取り組みだと思います。
寄せられているコメントもざっとですが、目を通したところ「応援しています」などポジティブなものばかりで、ネガティブなものがひとつもありませんでした。

さて、JALページが素晴らしいエンゲージメントを達成しいるのが確認できたら、やはりANAページはどうなのかが気になります。
そこで、今度は2011年1月11日にFacebookページを開設した全日空(ANA)の最新7つのポストについて、同様に調べてみました。

結果は、ANAのエンゲージメント率は0.86%とJALと比べると低いレートとなっています。

ANAページ 最新7ポストのエンゲージメントデータ

全日空(ANA)データ

どうして日本航空(JAL)のFacebookページはエンゲージメント率が高いのでしょうか

実は、エンゲージメントを率ではなく絶対数で比較するとJALが1,173件、ANAが1,041件とそれほど大きな差はありません。率に差が出たのは母数となるファンの数がANAのほうが約13倍多いためです。(JAL 1,337名、ANA 17,141名 2011年4月11日)

1. ファンの数とエンゲージメント率は反比例する傾向にある
ANAとの比較で言うと、ファンの数とエンゲージメント率は反比例することが要因だと思われます。以下のデータはファン数ごとのエンゲージメント率を示していますが、JALはファンが1万人以下ですので0.96%、ANAは1万人以上2万人未満ですので、0.29%のカテゴリーに属します。

このデータから分かるとおり、小数のファンが集まるページはコアなファンが多くコメントなどを積極的によせる傾向にあります。一方、1万人を越えるページというのは、インタラクティブな関係ではなく情報入手を目的としたファンが多いと言えます。

JALのFacebookページは開設後11日しか経っておらず、根強いJALファンもしくはJAL関係者が多いことが想定されます。

エンゲージメント率

2. 社員の顔が見える
前述のとおり、JALページのポストは社員の顔付で掲載されています。やはり、これが親近感を生んでいると思われます。また、一番最初にFacebookチーム全員の顔を出していることがページに対する信頼度を向上させ、良い影響を与えていると思います。

3. JALに思い入れのある人が多い
コメントを読んで、Facebookと関係なく日本航空(JAL)という会社に思い入れのある人が沢山いると感じました。
ちょっと気になったのは、良い思い入れの人ばかりではないと思うのですが、悪いコメントが全くなかった点です。業態的にネガティブなコメントが寄せられる可能性はあると思いますので、そのときの対応が今後のFacebookページの発展に大きく関係してくると思います。

4. 震災関係の情報が中心である
これまで寄せられたポストはすべて羽田-山形などの臨時便や震災支援搭乗対応など震災関係のものでした。やはり、このような内容のポストにはコメントはつき易い傾向にあると思われます。

つまり、12.53%というエンゲージメント率は上記の条件が重なった結果であって、ファン数がANA同様に2万人に近くなった際には低下すると思われます。(もし2万人規模のファンページで12%というエンゲージメントを達成したら、とてつもなく素晴らしいと思います)

ただ、低下したとしてもANAの0.86%というレベルのエンゲージメント率を確保するとすれば、本当に有効な顧客とのコミュニケーションツールであると言えると思いますので、是非、今の熱意を継続して、企業Facebookページのモデルケースとなっていただくことを期待しています。

*1 参考:What is a good Engagement Rate on a Facebook Page?

役立つ情報を掲載しているFacebook日本語ディレクトリーページも”いいね!”して下さいね。

フェイスブック日本語ディレクトリー



関連記事

関連記事

関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方