Twitterが、ビールやアルコールなど年齢制限のある商品を扱っている企業・ブランドのアカウントをフォローする際に、ユーザー(フォロワー)の年齢を確認する機能を追加しました。

これまでは、ビールやタバコの企業・ブランドのTwitterアカウントでは年齢認証はなく、プロフィールに「法的年齢に達していること」と記載するくらいしかありませんでした。

Twitter年齢認証アカウント登録を行う

アカウントをフォローする際に、ユーザーに年齢認証を確認するようにするには、Twitter age screeningにてアカウントを年齢制限対象として登録する必要があります。

Twitter年齢制限

フォローする際に年齢確認のメッセージが送信されます

年齢制限対象アカウントになると、ユーザーがフォローをしようとすると以下のような年齢確認を求めるダイレクトメッセージが送信されます。年齢確認は生年月日を入力することで行われますが、あくまでユーザーの入力した年齢にすぎず、証明書などによる厳密な年齢確認は行われません。

(参考)Twitter Launches Age Verification for Brands



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方