15分単位で利用回数に制限

Twitter APIは一定時間に利用できる回数に制限がありますが、API1.1からはWindowとよばれる時間単位ごとに制限回数が決められています。
API1.0までは1時間150回といった感じだったのですが、2013年2月11日時点ではWindowは15分単位となっており、それぞれのAPI Endpointごとに回数が設定されています。

例えばSearchは15分間に180回利用できるが、home_timelineは15回ということになっています。

それぞれのEndpointの利用回数制限については、REST API v1.1 Limits per window by resourceをご覧ください、

ツイッターAPI制限

認証なしにAPIは利用不可能

Twitter API1.1からは認証なしに利用することはできなくなりました。
詳しくはREST API Rate Limiting in v1.1をご覧ください。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方