アップルが開発した無料の動画アプリClipは簡単に楽しい動画を作成できて、InstagramやYoutubeでシェアできます。このページでは、Clipの使い方を初心者向けに紹介しています。

これはClipで作成した東京ディズニーランドの朝の動画になります。

それでは、インストールから使い方まで紹介していきます。

1. AppStoreでClipを検索してインストールします

ClipsをApp Storeでインストール

2. アプリを起動するとClipの説明があります

3. 長押しすると動画の撮影がはじまります

長押しすると動画の撮影が開始します。音を取りたくないときは、赤いボタンの右のマイクをタップするとミュート(無音)になります。なお、音は動画を撮影したあとに編集でミュートにすることもできます。

ここからはClipの撮影時に使えるオプションを紹介していきます。

テキストを追加する

上の吹き出しをタップすると動画の上に文字を表示することができるようになります。

しかも、動画撮影中に喋るだけで文字にしてくれます。日本語も大丈夫です。

フィルターをかける

Instagramのように動画に簡単にフィルターをかけることができます。フィルターをかけるには上の3つの丸のアイコンをタップします。

なお、フィルターは動画を撮影した後にかけることもできるので撮影のときは普通に撮っても大丈夫です。

吹き出しを追加する

動画の上に吹き出しを表示できるのですが、場所や時間は自動的に作成されてますので選ぶだけでOKです。

テキストの追加・スタイルを設定できます

Tのアイコンをタップするとテキストの追加と見た目を変更することができます。

音楽を追加します

上の音符のアイコンをタップすると音楽を追加することができます。

サウンドトラックを選ぶとClipに入っている曲から選ぶことができます。マイミュージックを選ぶとiPhoneに入っている曲から選べます。

サウンドトラックにはいろんなジャンルの曲が入っています。

動画をシェアします

Clipの動画を共有するには完了を押して、右上の矢印をタップします。

ビデオの共有中になります。

InstagramやYouTubeなどシェア先を選びます。iPhone本体に保存する場合はビデオを保存を選びます。

今回は動画を撮影する方法を紹介しましたが、すでに撮影してiPhoneに保存されている動画や写真から新しく動画を作成することもできますので、試してみてくださいね。



関連記事





Tagged with:
 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方