2014年11月よりiPhone向けOfficeアプリ(Word、Excel、PowerPoint)が無料で利用できるようになりました。インストールから基本的な使い方(新規ファイル作成、文字装飾、保存など)、Dropboxとの連携、パソコン版Officeとの連携までご紹介しています。

マイクロソフト・アカウントを作成しましょう

iPhoneやAndroidスマホでOfficeを利用するためには、マイクロソフト・アカウントが必要です。もし、まだアカウントを登録していない方は、Microsoftアカウントの作り方を参考にアカウントを作成してください。

Officeアプリをインストールしましょう

iPhone向けOfficeアプリのインストールはiPhone Officeアプリのインストールを参考にしてください。Word、Excel、PowerPointは個別のアプリになっているので、別々にインストールする必要があります。

Officeアプリにログインしましょう

Officeアプリを最初に起動するとログインを要求されます。Microsoft Officeアプリへのログイン方法を参考にしてください。

Wordを使ってみましょう

iPhone向けWordの基本的な使い方(文書作成、文字の装飾、文書の保存など)はiPhone Office Wordの使い方をご覧ください。

Dropboxと連携しましょう

iPhone版OfficeアプリではDropboxと連携し文書を管理することができます。iPhone OfficeでDropboxと連携し文書を保存する方法を参考にしてください。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方