iPhoneのマイクロソフトオフィス・ワードの基本的な使い方である文書作成や文字の装飾、保存などのやり方を紹介します。

1. 新規文書を作成します

新規文書は白紙のほかにパンフレット、ニュース、提案書、履歴書などのテンプレートが用意されていますので、用途にあった文書を選んでください。

iphone-office-word-how-to-use-09

2. 文字を装飾します

iPhoneアプリ版のWordでも文字のフォントサイズや太さ、色、背景色、イタリック、下線などの装飾は可能です。

装飾したい文字を選択して、上のアルファベットAと鉛筆のアイコンをタップします。

iphone-office-word-edit-03

フォントの種類やサイズなどを選んでいきます。

iphone-office-word-edit-04

3. 全画面で文書を作成します

iPhone6になって画面が大きくなったといってもやはりパソコンやタブレットと比べると小さいことは否めません。とくに長い文書になるとナビゲーションなどを隠して全画面で文書の作成や修正をしたくなります。

そんな場合は、上のアイコンリストの右から3つのの全画面モードのボタンをタップします。

iphone-office-word-how-to-use-10

4. ワード文書を保存します

iPhoneで作成したワード文書はマイクロソフトのクラウドサービスOneDriveのほか、iPhoneのローカルストレージやDropboxに保存することができます。

まずは、OneDriveに保存してみます。

文書作成が終わったら左上の完了をタップします。

iphone-office-save-04

次に、左上の矢印ボタンをタップします。

iphone-office-save-05

保存する文書にファイル名をつけ、保存する場所を選びます。デフォルトではOneDriveとiPhoneローカルが用意されています。Dropboxを追加するには場所の追加をタップして、Dropboxの追加を行う必要があります。

→ iPhone OfficeアプリとDropboxを連携する方法

iphone-office-save-07

左上の保存をタップすれば文書の保存は完了です。

iphone-office-save-08

4. 文書を開きます

保存した文書を開くには右下の開くをタップし、保存した場所を選びます。ここではOneDriveを選びます。

open-01

OneDriveから開きたい文書をタップすれば文書は開きます。

open-02

iPhone Officeアプリ使い方

Microsoftアカウントの作り方
iPhone Officeアプリのインストール
Microsoft Officeアプリへのログイン方法
iPhone Office Wordの使い方
iPhone OfficeでDropboxと連携し文書を保存する方法



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方