iOS9以降のiPhoneではウェブサイトをサファリで見るときに広告を表示しないようにできる機能が追加されました。ただ、iOSだけでは広告を非表示にはできず、追加でアプリをインストールする必要があります。また、実はこの機能は「広告」をブロックする機能ではなく、特定のコンテンツをブロックする機能で広告以外にアクセスデータの送信などもブロックするアプリもあります。

1. コンテンツ(広告)をブロックするアプリをインストールします

ここではCystalというアプリをインストールします。なお、このアプリは有料ですのでご注意ください。

iphone6s-ios9-block-ad-01

2.設定からSafariをタップします

iphone6s-ios9-block-ad-02

3.コンテンツブロッカーをタップします

iphone6s-ios9-block-ad-03

4.Crystalをオンにします

iphone6s-ios9-block-ad-04

5.これで完了です。

下の画像のようにグーグルなどの広告が表示されないようになります。

iphone6s-ios9-block-ad-05

→ 初心者向けiPhone7の使い方 一覧へ

iPhone7ユーザーなら要チェックのヒント

iPhone7 最初にチェックしたい10項目の設定
iPhone7を買ったら最初に確認していきたい設定項目を紹介しています。自分好みの設定にカスタマイズしましょう。

iPhone7 おすすめアプリ10選
天気予報から家計簿、データ通信監理、ビジネスアプリまでインストールしておけばきっと役立つアプリをご紹介しています。

iPhone7 データ通信量(パケット)を節約する5つの方法
月末に通信制限にあわないようにパケット節約に努めましょう。

iPhone7でバッテリーの減りを改善する7つの方法
バッテリー消費を改善するためのヒントをご紹介しています。ちょっとしたことですが、少しでもバッテリーを長持ちさせるために一度、見直されてはいかがでしょうか。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方