私が言うまでもないですが、スマートフォン・ユーザーが急激に増加しています。

当然、頭では分かってはいましたが、本サイトへのスマートフォン(iPad含む)からのアクセスが17%もあるのを見ると、改めて、これからのウェブはスマートフォンを無視してはいけないと実感しました。

無視してはいけないというより、おそらく近い将来、コンシューマー向けサイトはスマートフォンを主デバイスとして構築するようになると思います。

とりあえず、本サイトもスマートフォン対応を行いました。と言ってもWPtouchを入れただけですが。

スマートフォンからのアクセス

また、本サイトへの参照元サイトの1位はPCのFacebookですが、2位はモバイルFacebookです。
以下は、数日間のデータですが、やはりモバイルユーザーは閲覧ページ数、サイト滞在時間が短く、直帰率も高いという傾向が読み取れます。

スマートフォン時代のウェブは、これまで以上にトップページの重要度が薄れ、検索やソーシャルメディアからピンポイントで個別ページにアクセスし、去っていくという傾向になりそうです。

スマートフォン傾向



関連記事

関連記事

関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方