世界中が待ち望んでいた新型iPhoneがついに発表になりました。なお、情報は日本に当てはまらないものもあることをご了解ください。

Apple公式 iPhone5サイト

日本での発売日は9月21日。予約は9月14日から

iPhone5は9月21日にアメリカ、カナダ、日本、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、香港、シンガポールで発売されます。価格は16GBで199ドル、32GBが299ドル、64GBが399ドル。予約は9月14日からだそうです。

ソフトバンクの予約は9月14日の午後4時からという発表がありました。
(参考)ソフトバンク 「iPhone 5」について

iPhone4とiPhone4Sも継続して提供するそうです。

iPhone5

名前はiPhone5

三代目iPadがiPad3ではなくシンプルにiPadとなったためiPhone5も”5″がとれてiPhoneになるのではと噂されていましたが、iPhone5となりました。
私は区別がつきやすいので世代を製品名に入れて欲しいほうなので、iPhone5でよかったと思っています。

画面は4インチで解像度1,136 x 640と細長に。従来のアプリは余白ができることに

事前にリークされてた画像のとおり画面サイズは大きくなりましたが縦に細長くなり縦横比は従来のiPhoneとは異なります。iPhone5の画面はRetina4インチで解像度は1,136 x 640 326ピクセルとなります。従来は3.5インチ、960 x 640ピクセル 解像度326ppiでした。

この変更によって(1)これまでのiPhoneアプリをiPhone5で起動した場合上下に空白ができる、(2)新しいiPhone5用アプリは旧型iPhoneでどのように表示するのかという問題がでてくるように思えます。

色は白と黒

iPhone5はiPhone4S同様、白と黒の2色のモデルが提供されるようです。

iPhone5白

iPhone5 黒

薄さ7.7ミリ、重さ112グラムとiPhone4Sより軽量化

iPhone5はガラムとアルミで構成され薄さは7.6ミリとiPhone4Sと比べて18%薄くなりました。重さは112グラムとiPhone4Sと比べて20%軽くなりました。

4G LTEに対応。ソフトバンク、auも

iPhoneに限らず通信速度はスマホユーザーにとって最大の関心事のひとつですが、iPhone5ではついにLTEに対応されました。
AT&T、Verizon、スプリントといったアメリカのキャリアに対応するほか、カナダのVirgin、オーストラリアのSingtel、Telstra、ドイツテレコムに対応することは発表されました。アジアからはソフトバンクとauも対応するようです。

auはテザリングも可能に

au版iPhone 5のLTEエリアは、テザリング対応はどうなるのか――KDDI 田中社長に直撃によるとauのiPhone5はテザリング可能ということです。

A6プロセッサーで処理速度は2倍に

iPhone5はCPUにA6と採用し従来の2倍の処理能力ということです。大きさも22%小さくなり、処理速度は向上しバッテリー消耗は少なくなったそうです。

カメラ性能は8メガピクセルのまま

iPhone5のカメラはiPhone4Sと同じ8メガピクセルのままですが、大きさは小さくなりDynamic low light modeと呼ばれる新機能が追加されています。この機能によってフラッシュなしでよい写真がとれるようになるそうです。

コネクターが変更に 小型になった新Dockコネクター「Lightning」

従来は30ピンDockコネクタでしたが小型化されました。

新しいイヤフォン「EarPods」も発表

新型イヤフォン「EarPods」も発表されiPhone5とiPod touchに同梱されるそうです。

EarPods

バッテリー

iPhone5の連続待受時間は最大225時間とiPhone4Sより225時間長くなりました。通話時間は3Gで最大8時間と変わりません。

(参考)
Apple Unveils iPhone 5, Finally

iPhone 5関連情報

iPhone5 実機レビュー 軽さ、LTEの速度、テザリングなど
iPhone5 テザリング
iPhone5 au ソフトバンク比較 機能と価格
iPhone5 まとめ 発売日は9月21日、予約は9月14日
iPhone5 LTE対応 nanoSIMカード採用
iPhone5 SIMフリー 価格
iPhone5が欲しいドコモユーザーへ
iPhone5とiPod Touch比較 ドコモユーザーはiPod touchでいいかも



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方