iPhone5sユーザーの中にはiPhone6に乗り換えるべきか悩んでいるユーザーもいると思います。でも、まだ1年しか経ってないしiPhone5sに不満があるわけでもないし、いったいiPhone6はどこが違うのか、買い替えるといいことあるのかと思っているのではないでしょうか。

そこでiPhone5sとiPhone6の違いをご紹介し、どのような人が乗り換えを検討するべきかを考えてみたいと思います。

大きな違いはサイズ、バッテリー、おサイフケイタイ機能

まず、一番の違いはサイズです。ディスプレイは4インチ(iPhone5s)から4.7インチ、5.5インチと大きくなりました。重さも増加し、112 gから129 g、172 g(Plus)に増えました。

画面が大きくなったことはメリットでもありデメリットでもあります。まず、大きな画面のほうが見やすいというのはあるでしょう。ただ、持ちにくくはなっていると思います。4.7インチモデルでも、今までのように手にすっぽり納まるという感じではなくなっているでしょうし、Plus(5.5インチ)になるとファブレットとよばれるスマホとタブレットの間のカテゴリーになると思います。サムスンのGalaxy SSで5.1インチなので、お店に行ってみて触ってiPhone6はそれよりも一回り小さくて、Plusは一回り大きいと思ったらよいかと思います。

画面サイズが大きくなったので電力消費も多くなったと思うのですが、チップや本体の大型化によるバッテリー容量の増加による効果だと思いますがアップルの発表だとバッテリーのもちは改善したそうです。

iphone6バッテリー

最後の大きな違いはNFC機能が搭載されたことです。これによりおサイフケイタイ機能が利用できることになりそうです。よくアンドロイドにあって、iPhoneにない機能といわれる機能で追加されなかったのはワンセグ(テレビ)と防水機能だけになりました。

あとはカメラ性能も向上したようですが、スペック的には大きく違いはありません。フォーカスが早くなったり手振れ補正が向上したようです。

スペック比較表

参考までにiPhone6/Plus/5sのスペック比較表を掲載します。

iPhone6 plus iPhone6 iPhone5s
高さ 158.1 mm 138.1 mm 123.8 mm
77.8 mm 67.0 mm 58.6 mm
厚さ 7.1 mm 6.9 mm 7.6 mm
重さ 172 g 129 g 112 g
ディスプレイ 5.5インチ 4.7インチ 4インチ
1,920 x 1,080ピクセル 1,334 x 750ピクセル 1,136 x 640ピクセル
解像度 401ppi 326ppi 326ppi
チップ A8 A8 A7
カメラ 新しい8メガピクセル 新しい8メガピクセル 8メガピクセル
ƒ/2.2の開口部 ƒ/2.2の開口部 ƒ/2.2の開口部
光学式手ぶれ補正 あり なし なし
ビデオ 1080p HDビデオ撮影
(30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影
(30fpsまたは60fps)
“1080p HDビデオ撮影
(30fps)”
スローモーションビデオ(120fpsまたは240fps) スローモーションビデオ(120fpsまたは240fps) スローモーションビデオ(120fps)
手ぶれ補正 あり あり あり
映画レベルのビデオ手ぶれ補正 あり あり なし
NFC あり あり なし

iPhone6に乗り換えるべきなのか

正直、iPhoneもかなり成熟しているのでiPhone5sのユーザーの場合、乗り換えなくても問題ないと思います。もし、画面サイズが大きいのが欲しくてアンドロイドに乗り換えを検討していたとかいうユーザーや、最新機種を持っていたいという所有欲を満たしたいというユーザーは乗り換えるべきだと思いますが、それ以外のユーザーは1年程度しか利用していないでしょうから、特に乗り換える必要はないかと思います。

ただ、最新機種を持っていたいという気持ちはすごく分かりますので、そこは自己判断ですね。

→ iPhone6/Plus 使い方

iphone6関連情報

au

ソフトバンク

ドコモ



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方