Facebookアカウントが乗っ取られるケース

Facebookはログインパスワードを忘れた場合、信頼できる友だち3人を選択し、その友だちからセキュリティコードを聞いてアカウントを再開できます。

これを悪用しFacebookアカウントを乗っ取ろうとするケースがあるようです。具体的には、きれいな女性やアニメのキャラクターの偽アカウントを作成した悪意をもったユーザーが友だち申請を行い、うっかり3人承認してしまうと実は同一人物で上記の方法でセキュリティコードを受け取りアカウントをのっとるという手口のようです。

そうしたケースに対応するためにFacebookは予め友だちの中から、本当に信頼できる友だち(信頼できる連絡先)を選択しておき万一の場合にはその友人のみにセキュリティコードを配信する設定を追加しました。

Facebookの公式説明文「信頼できる連絡先とは?」
信頼できる連絡先は、アカウントへのアクセスに問題が発生した場合に助けてもらう親しい友達です。信頼できる連絡先はセキュリティコードを伝える前に、伝える相手があなたであることを確認する必要があります。信頼できる連絡先からのコードを入力することで、アカウントにアクセスすることができます。

ここでは信頼出来る連絡先の設定方法をご紹介しますので、万が一のケースに備えて設定しておいてはいかがでしょうか。

1. 右上の歯車アイコンをクリックし「プライバシー設定」を選択します

信頼できる連絡先登録方法1

2. 左のセキュリティをクリックし「信頼できる連絡先」の「編集」をクリックします

信頼できる連絡先登録方法2

3. 「信頼できる連絡先を選択」をクリックします

信頼できる連絡先登録方法3

ダイアログがでて信頼できる連絡先の説明が表示されますので、信頼できる連絡先を選択をクリックしてください。

信頼できる連絡先登録方法4

4. 3~5人の信頼できる友達の名前を入力します

信頼できる連絡先登録方法5

5. Facebookパスワード(ログインの時と一緒)を入力します

信頼できる連絡先登録方法6

6. これで信頼できる連絡先の登録は完了です

もしパスワードを忘れた場合は、登録した友達の助けを借りて回復することができます。

信頼できる連絡先登録方法7

Facebookプライバシー設定を見直しましょう

Facebookタイムライン(プロフィール)を検索されない方法
Googleで、あなたの名前(英語、日本語)を検索してFacebookタイムライン(プロフィール)ページがひっかかるようでしたら、一般検索の設定を見直しましょう。

Facebookセキュリティ設定 不正ログインを防ぐ方法
プライバシー情報のかたまりであるFacebookには、知らない端末からログインされたらメールで通知したり、ログインしている場所(IPアドレス)などを知らせてくれるセキュリティ設定が用意されています。デフォルトでは、それほどセキュリティ設定はきつくないので、一度、見直しをしましょう

Facebookタイムライン(プロフィール)が他人にどう見えているかを確認する方法
Facebookタイムラインは自分の行動をすべて記録できる便利な機能ですが、プライバシーの観点から他人には見られたくないケースもあります。自分が設定したプライバシー設定によって他人にどのように見えているかチェックしましょう。

Facebook自分のデータ(アーカイブ)をダウンロード
Facebookでシェアした写真や動画、投稿など自分のデータをダウンロードする方法をご紹介します。念のためバックアップをとっておきたい方は、活用ください。

Facebookアプリ削除方法
何気なく承認しているFacebookアプリに思った以上に権限を付与しているケースがあります。不要なアプリは定期的に削除しましょう。

イヤな友達、上司からFacebookチャットで隠れる(オフラインに見せる)方法
Facebookでつながっているあまり好きでない友人、同僚、上司などにチャットを常にオフラインに見せる方法があります。

Facebookに足跡はありません。あいさつならあります
Mixiにある足跡機能は、Facebookにはありませんのでご安心ください。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方