iPhone6は発売初日(2014年9月19日)からSIMフリー版がアップルのオンラインストアで発売されました。SIMフリー版の魅力は、格安SIMカードを利用することで月々の通信費を抑えられることです。

ドコモ、ソフトバンク、auでiPhone6を契約すると月々の支払額は7,500円以上になるケースがほとんどのようです。16GBモデルなどでは本体価格は2年間で無料になる場合もありますが、それでも高いことには変わりありません。格安SIMカードを利用すればデータ通信だけなら月980円から通話機能をつけても1,700円程度で利用できます。

2年間で考えると料金に大差ないんじゃないの?

SIMフリーモデルは本体購入の際にキャリアからのサポートがないため、67,800円(16GB)から99,800円(128GB)といった本体価格を自分で支払う必要があるため2年間で考えると大して変わらないんじゃないのかという疑問はあると思いますが、SIMフリーモデルなら(1)2年以上使い続ければずっとお得な状況になります。キャリアで契約するとまだiPhoneは使えるのに支払額が増えるため、また新しいモデルに変更することになりがちですが、SIMフリーなら安い金額のまま使い続けることができます。また、(2)いつでも解約できますし、(3)売るときに高く売れるというメリットもあります。

もちろん、キャリアのサポートなどありませんので初心者は不安かもしれませんし利用は自己責任になってしまうという面はあります。

私は、メリットのほうを考えて(あと面白そうという気持ち)SIMフリーのiPhone6(シルバー、64GB)を購入し格安SIMフリーカードを利用することにしました。

1. どこの格安SIMカードにするのかを決めましょう

格安SIMカードはいま非常に増えていて有名なところでは、OCN モバイル ONEビッグローブIIJ IIJmio SIM日本通信などがあります。2014年9月現在、多くのSIMカード・サービスが出ていますが一部(mineo)を除き、ネットワーク回線はドコモのものを利用しています。

私はその中でOCNモバイルOneを利用しました。理由はアマゾンで安くカードを買えること、プランが豊富に提供されていることでした。IP電話(050 plus)も簡単に追加することができるので電話もできますし電話番号ももらえます。格安SIMカードは、ユーザーがプランを選択できます。例えば1日のデータ量は50MB(月1.5GB程度)にするとか、1か月で2GBにするとか、電話サービスを追加するなどはユーザーが自分で選べます。

なお、SIMカード自体はユーザーが自分で購入する必要があります。私はアマゾンで1,400円程度で購入し翌日には配送されてきました。

2. サービスの申し込みをしましょう

SIMカードが届いてもサービスの申し込みをしていないと利用できませんので、サービス提供会社のウェブサイトで申し込みをしましょう。OCNの場合はhttp://s.ocn.jp/one5にアクセスします。

私はキャッシュバック(3,000円)キャンペーンもあったので2GBプラン(月額1,450円:税抜き)を選びました。私は土日にデータ通信量が多く平日はすくないのですが2GBプランだと月単位でデータ利用量を計算するので問題ありません。一方、1日50MBといったプランだと平日はほぼ使わないのに、いざ週末になると思ったように使えないということになってしまいます。

ocn-apply

3. iPhoneにプロファイルをインストールしましょう

次にiPhone6の設定をします。iPhone6ではユーザーがネットワークへの接続情報であるAPNを更新することができないためプロファイルをインストールする必要があります。

OCNのサイトにLTE端末用構成プロファイルに関するガイドがあります。まだ、iPhone6用のガイドはなくiPhone5s/c用のガイドしかありませんが、この手順で私はうまく接続できました。

詳しい手順は、「iPhone 5s / 5c(SIMフリー版)をお使いの方」をお読みください。なお、プロファイルをインストールするためにiPhoneをネットワークにつなぐ必要があるので、WiFiに接続してください。

ocn-profile

4. docomoの回線に接続されれば完了です

申し込んで少し時間がかかる場合もありますが、SIMカードをさしてしばらく待っているとdocomoの回線に接続されます。なぜか電波状況を示す丸は全て白のままですがつながります。

lte

5. OCNモバイルOneを使うと通信速度(スピード)はどのくらいなのでしょうか?

もちろん、場所にもよりますがダウンロードで3~4Mbps程度は出ました。そんなに早くはありませんが、普通にネットをすることはできるレベルだと思います。

iPhone6/Plus 使い方

基本情報

iPhone6 発売日、予約、価格、スペックなどまとめ

iPhone6/Plus 在庫情報

設定

iPhone6/Plus初期設定

クレジットカードなしでApple IDを作成する方法

iPhoneで広告に個人情報(プライバシー)を利用されないようにする方法

おススメのアプリ

iPhone6に絶対入れたほうがいいおススメのアプリ10選

iPhone6 お勧めカメラ(写真)アプリ10選

iPhone6 ヘルスケアの使い方

iPhone ATOK 評判(良い点と悪い点)

バッテリー

iPhone6でバッテリーの減りを改善する7つの方法

iPhone6/Plus バッテリー残量を数字で表示する方法

iPhone6/Plus バッテリーを消耗させているアプリを調べる方法

iPhone6/Plusバッテリー容量 

上手な写真の撮り方

初心者のためのiPhone6カメラの上手な使い方(7つのヒント)

iPhone6で使えるスマホ用三脚セット

写真・カメラ

iPhone6/Plusで画面キャプチャーをとる方法

iPhone6 写真画像のサイズと変更方法

iPhone6で撮影したサンプル写真

タイムラプスの使い方とサンプル動画

スローモーション動画の使い方とサンプル動画

ネットワーク

iPhone6/5Sでテザリングをする方法

iPhone6を自宅のWiFiに接続する方法

iPhone6と5s通信速度の比較

iPhone6をスタバのWiFiに接続する方法

電話

iPhone6 着信音の変更方法

iPhone6 個人ごとに着信音を設定する方法

iPhone6 留守番電話の使い方(docomo、au、ソフトバンク)

メール

iPhone6 Gmail設定のやり方

音楽

iPhone6 CD(音楽)の入れ方

iPhone6 音楽の消し方

SIMフリーiPhone6

SIMフリーiPhone6をOCNモバイル ONEで使う方法

SIMフリーiPhone6に5sのカードを刺して動作するのか

その他

iPhone6版おサイフケータイ「Apple Pay」の使い方

Siriの使い方

iPhone メディカルIDの使い方

iPhone6 初期化(買った時の状態に戻す)のやり方

iCloudのデータを全部消す方法

iPhone6 アクセサリー

iPhone6用ケース

iPhone6(4.7インチ、5.5インチ)用ケースがすでに数多く販売されています。せっかくのiPhone6をさらにおしゃれにしたい、落としたときに傷がつなかいようにしたいという方はiPhone6用ケースを見てケースを選んでみてはいかがでしょうか。

iPhone 6 モバイル充電器(バッテリー)

iPhone6 Plusを3回以上、iPhone6を5回以上も充電できるモバイル充電器(バッテリー)なら、cheero Power Plus 10400mAh(iPhone 6 6plus 充電可)はいかがでしょうか。色も豊富でかわいい感じです。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方