iPhone6/Plusが発売されて1ヶ月以上が経ち、実際に利用したユーザーのレビューや声(評判)がネット上に見られるようになりました。

私もiPhone6 Plus(シルバー 64GB)を発売日から利用していますが、同じガジェットを使っていても人によって意見は違うものです。

そこで、大きさ、使い勝手、機能、バッテリーなどを中心にレビューや評判をまとめてみました。

iPhone6/Plusは片手で利用するには大きすぎる?

iPhone6の最大の特徴はサイズが4.7インチ、5.5インチと大幅に大きくなったことですが、特にPlusを中心に大きすぎるという声も聞こえます。

Plusは片手での操作は厳しいという声が聞こえますが、iPhone6に関しては、これまでiPhone5/5sを利用していたユーザーもそれほど違和感ないような声も多く聞かれます。

片手持ちはつらいです。iPhone6 Plusの持っている側の逆の端まで指が届かないというのもあります。

(iPhone 6 Plusのレビュー・感想。一週間使ってみてより)

iPhone 6は、確かにでかい。ですが片手操作が全然できない、というほどではありません。薄くなり丸みを帯びたデザインは手にフィットして、大きくなった分の持ちづらさを若干和らげてくれます。持ち心地の良さは5sより上。

(iPhone 6を2週間使ってみた感想。大きさは?6 Plusと比べてどうなのか?より)

中には、iPhone6 Plusの大きさがあわずにiPhone5sに戻られた方もいるようです。確かに、これまでキャリアを変えずにiPhoneを下取りに出さずに持っていれば、シチュエーションによってiPhone6とiPhone5を使い分けることもできますね。

iPhone 6 Plusの光学式手ぶれ補正にメリットを感じて購入したものの、そのサイズ感に早くも白旗。SIMをiPhone 5sに入れ直して、iPhone 6 PlusはSIMなしで運用中。

(iPhone 6 Plusを買ったけど、早くもiPhone 5sに戻った理由より)

私もiPhone6 Plusを使っていて片手で文字入力などの操作は難しいと感じます。ただ、ツイッターアプリやブラウザーで情報を見るだけなら片手でも操作できないことはないという感じです。

iPhone6 Plusはバッグに入れて持ち歩くことになるかも?

iPhone6 Plusの場合、曲がる曲がらないという問題以前にズボンのポケットに入れるには大きすぎるので、カバンに入れることになるという意見もあります。

お尻のポケットに入れて「iPhone 6 Plusが曲がった!」と話題になったが、そもそもあのサイズの精密機器をお尻のポケットに入れて座ったりする方が間違っていると思う。

iPhone 6 Plusに乗り換えるも、まさかの落とし穴にハマるより)

ただ、iPhone6であればポケットにいれるもの気にならないようです。

私のiPhone携帯ポジションはズボンの左前ポケットですが、ジーンズでもスラックスでも当然ながらポケットには余裕で入ります。また薄いため座った時や動いた時も引っかかるような違和感はありません。

(iPhone 6(4.7インチ)を一週間使ってみた感想より)

画面サイズだけでなく、本体サイズについても大きすぎる感じはしません。バッグに入れる場合も、ポケットに入れる場合も邪魔に感じることはありません。iPhone5を持っていた時と同じような感覚で使えるから不思議です(慣れとは怖い…)。

(iPhone6を2週間使った上での感想まとめ!本体サイズからカメラの出っ張りまで、iPhone6を利用した感想を書いてみました。より)

私もPlusをジーンズの後ろポケットにいれて座ると、やはりちょっと気になります。特にしゃがんだりするとポケットから落ちそうになることもありますね。

iPhone6でカメラ性能は上がった?

FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアで写真を共有する機会は増えており、できればキレイな写真を公開したいとみんな思っています。

ですから、スマホのカメラ機能はますます重要になっておりiPhone6のカメラ機能も気になるところです。

iPhone6は画素数は800万画素とiPhone5sから変化はないものの、フォーカスなどの機能は向上しています。

例えばフォーカス機能は像面位相差AFを実現する「FocusPixels」を搭載したことでコンテニュアスAFという常にピントをあわせることが可能なオートフォーカス機能となりました。したがって5sのように画面をタップしてピントを合わせるという作業が省けるケースが多くなっています。

これまでのiPhone 5sの場合、フォーカスを合わせたい部分をタップしてから撮影していたが、iPhone 6 Plusではカメラを向けてシャッターボタンを押すだけでこうした写真が撮れる。

iPhone 6 Plusのカメラの出来映えは? 撮影を通じてわかったことより)

また、iPhone6というよりiOS8の機能ですが、露出調整ができるようのなったので、室内などの暗いところでの撮影も自分で明るさを調整しやすくなっています。

露出調整については、「初心者のためのiPhone6カメラの上手な使い方(7つのヒント)」を参考にしてください。

中には、iPhone6があればもうコンパクトカメラ(コンデジ)はいらないという方もいるようです。

私は私生活でも仕事でも写真を撮りまくるので、常に強力なコンパクト・デジタルカメラを持ち歩いてきた。 しかしスマートフォンのカメラの進歩で、遅かれ早かれコンデジの出番がなくなる日が来るはずだとは予想していた。 iPhone 6と、さらに写真撮影に向いているiPhone 6 Plusの登場でついにその日が来たようだ。

(iPhone 6のカメラはやはりすごい―とうとうコンデジを捨てる決心がついたより)

私もiPhone6のカメラは素晴らしいと思います。画素数などのスペックで言えばアンドロイドスマホにもっと性能がよいものもありますが、画素数では表せない表現ができているような気がします。(私はカメラは素人ですが)

バッテリーは長時間もつようになった?

iPhone6/Plusになってバッテリー容量は増え、カタログ上の性能も向上(長時間もつようになった)していますが、実際にユーザーの声もそれを裏付けるようなものが多いようです。

バッテリーに関しては、体感で5sから1.5倍ほどもつようになっている印象。5sだとフル充電でも1日もつか危うかったのですが、6であればよほどヘビーに使っていない限りは問題なさそうです。

(iPhone 6を2週間使ってみた感想。大きさは?6 Plusと比べてどうなのか?より)

充電の持ち具合は若干、伸びた感じがありますね。iPhone5よりも充電に気を使わなくても、平気で1日使えるようになっています。

(iPhone6を2週間使った上での感想まとめ!本体サイズからカメラの出っ張りまで、iPhone6を利用した感想を書いてみました。より)

バッテリーがもちますね。さすが大きくなっているだけあります。一日はだいたい使えると思います。

(iPhone 6 Plusのレビュー・感想。一週間使ってみてより)

私もiPhone6 Plusであれば映画などを見ながら通勤しても1日バッテリーがもつという印象です。私はGalaxy S5も持っているのですが同じ使い方をすると半日でバッテリーがなくなりそうになります。アンドロイドスマホでここまでバッテリーがもつ端末はあるのでしょうか。

音(スピーカー)がよくなった?

iPhone6になって音が良くなったという声も結構、見かけます。アンドロイドスマホの中には本体の背面にスピーカーを配置しているものもありますが、もともとiPhoneは本体側部に配置することで、少しでもいい音を届けたいと考えが伺えます。

スピーカーもかなり良くなっており、5sではスピーカーの場所から音が流れるのがわかりやすかったものが、6ではiPhone全体からワイドに聴こえてくる感じ。音質もアップしています。

(iPhone 6を2週間使ってみた感想。大きさは?6 Plusと比べてどうなのか?より)

iPhone 6はiPhone 5sと本体下部のスピーカー形状が異なり、穴の数が減った代わりに穴が少し大きくなっています。そのせいか音楽や動画を再生する時のスピーカーの音質が少し良くなっている気がします。

(iPhone 6(4.7インチ)を一週間使ってみた感想より)

iPhone6/Plus 使い方

基本情報

iPhone6 発売日、予約、価格、スペックなどまとめ

iPhone6/Plus 在庫情報

設定

iPhone6/Plus初期設定

クレジットカードなしでApple IDを作成する方法

iPhoneで広告に個人情報(プライバシー)を利用されないようにする方法

おススメのアプリ

iPhone6に絶対入れたほうがいいおススメのアプリ10選

iPhone6 お勧めカメラ(写真)アプリ10選

iPhone6 ヘルスケアの使い方

iPhone ATOK 評判(良い点と悪い点)

バッテリー

iPhone6でバッテリーの減りを改善する7つの方法

iPhone6/Plus バッテリー残量を数字で表示する方法

iPhone6/Plus バッテリーを消耗させているアプリを調べる方法

iPhone6/Plusバッテリー容量 

上手な写真の撮り方

初心者のためのiPhone6カメラの上手な使い方(7つのヒント)

iPhone6で使えるスマホ用三脚セット

写真・カメラ

iPhone6/Plusで画面キャプチャーをとる方法

iPhone6 写真画像のサイズと変更方法

iPhone6で撮影したサンプル写真

タイムラプスの使い方とサンプル動画

スローモーション動画の使い方とサンプル動画

ネットワーク

iPhone6/5Sでテザリングをする方法

iPhone6を自宅のWiFiに接続する方法

iPhone6と5s通信速度の比較

iPhone6をスタバのWiFiに接続する方法

電話

iPhone6 着信音の変更方法

iPhone6 個人ごとに着信音を設定する方法

iPhone6 留守番電話の使い方(docomo、au、ソフトバンク)

メール

iPhone6 Gmail設定のやり方

音楽

iPhone6 CD(音楽)の入れ方

iPhone6 音楽の消し方

SIMフリーiPhone6

SIMフリーiPhone6をOCNモバイル ONEで使う方法

SIMフリーiPhone6に5sのカードを刺して動作するのか

その他

iPhone6版おサイフケータイ「Apple Pay」の使い方

Siriの使い方

iPhone メディカルIDの使い方

iPhone6 初期化(買った時の状態に戻す)のやり方

iCloudのデータを全部消す方法

iPhone6 アクセサリー

iPhone6用ケース

iPhone6(4.7インチ、5.5インチ)用ケースがすでに数多く販売されています。せっかくのiPhone6をさらにおしゃれにしたい、落としたときに傷がつなかいようにしたいという方はiPhone6用ケースを見てケースを選んでみてはいかがでしょうか。

iPhone 6 モバイル充電器(バッテリー)

iPhone6 Plusを3回以上、iPhone6を5回以上も充電できるモバイル充電器(バッテリー)なら、cheero Power Plus 10400mAh(iPhone 6 6plus 充電可)はいかがでしょうか。色も豊富でかわいい感じです。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方